スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と同僚、車ではねる…殺人容疑で長男指名手配(読売新聞)

 札幌市北区の路上で10日、会社員の男女が軽乗用車にはねられ死傷する事件があり、北海道警札幌北署は同日、車で故意にはねたとして、殺人などの容疑で男性の長男、金舛裕之容疑者(38)の逮捕状を取り、指名手配した。

 発表によると、10日午前1時15分頃、同区北19西3の路上で、近くの金舛政利さん(60)と、会社の同僚で同市南区石山3の6、小山内陽子さん(59)がはねられた。小山内さんは腹部をひかれ、出血性ショックで死亡。金舛さんは腰に重傷を負った。

 捜査幹部によると、裕之容疑者は今年3月から、自身が契約する現場近くの賃貸マンションで金舛さんと2人で暮らしていた。しかし、裕之容疑者はたびたび金舛さんに「出て行け」などと言っていたという。

 事件直前の9日深夜、同居を巡って口論となった後、裕之容疑者が外出した。金舛さんが小山内さんを呼び、自宅近くの歩道で相談していたところ、突然、裕之容疑者が運転する軽乗用車が2回突っ込んできた。

<東京メトロ>東西線一時運転見合わせ 電車から煙 葛西駅(毎日新聞)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)
所信表明まで3日、「準備不足心配」の声も(読売新聞)
淫行で引っ越しの「アート」会長を書類送検(産経新聞)
誤ってCO2噴霧、3人救助=マンション駐車場―東京・四谷(時事通信)
スポンサーサイト

郵便不正 「1人でやった」公判供述だけが証拠に(産経新聞)

 刑事訴訟法は、証人が公判で捜査段階の供述調書と異なる内容の証言をした場合、供述調書の方を信用すべき特別の事情があるときに限り、調書を証拠にできると定めている。

 今回の公判では、検察側証人のほぼ全員が捜査段階の供述を覆し、村木厚子被告の関与を否定。このため検察側は異例ともいえる取調官6人を証人尋問し、取り調べ中に暴行や脅迫はなく、逆に公判では村木被告を前に真実を供述できない-などと調書を信用すべき事情があると主張した。

 しかし、大阪地裁はこれを退け、調書の大半を却下。「村木被告からの指示があった」とした上村勉被告の調書が証拠採用されなかったことは、そのまま検察側主張の根拠の根幹が失われたことを意味する。

 この結果、「一人でやった」とする公判供述だけが証拠になることになり、村木被告に有罪判決が言い渡される可能性は極めて低くなったといえる。

【関連記事】
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁
裁判員制後、保釈率が急伸16.9% 捜査当局は懸念
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因
郵便不正公判 「凛の会」元会長の一部無罪で検察側が控訴
虐待が子供に与える「傷」とは?

「罷免するぞ」、福島氏に又市氏ら決着迫る(読売新聞)
<携帯電話>「うちのルール」つくり違反には没収も フィルタリングしっかり(毎日新聞)
<普天間問題>「辺野古移設」反対…東京でも集会(毎日新聞)
[顧客満足度調査]初の公表 1位は東京ディズニーリゾート
Kiss-FM譲渡先に新会社「兵庫エフエム放送」(産経新聞)
プロフィール

Author:かわくぼかずやさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。