スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添氏、新党改革旗揚げ後初の講演「中選挙区制を」(スポーツ報知)

 自民党を離党した舛添要一前厚労相(61)は26日、新党改革を旗揚げ後初めての講演を都内で行った。民主、自民両党の2大政党による政権運営の限界を指摘し、衆院小選挙区制の見直しが必要との考えを表明。「小選挙区制はいろいろ問題がある。比例の要素を増やすか、複数の政党が切磋琢磨(せっさたくま)し、競える中選挙区制の方が選択肢が広がる」と主張した。

 さらに米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる鳩山政権の迷走については「安全保障をつかさどってはいけない人がつかさどっている」と酷評。経済・財政運営には「日本の社会主義化、共産主義化につながる」と指摘した。

 【関連記事】
舛添要一 厚労相 小選挙区制 を調べる

参院選 目標は1000万票集め比例で10議席 舛添代表(毎日新聞)
“殺人ナース”が抱えたストレス、白い巨塔で一体何が… 京大病院インスリン事件(産経新聞)
諫早湾干拓 堤防開門へ…農相、近く表明(毎日新聞)
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化(産経新聞)
万引き「高齢者」増える、景気低迷?食品中心(読売新聞)
スポンサーサイト

ご近所が一喝、コンビニ羽交い締め強盗逃走(読売新聞)

 22日午前0時20分頃、神奈川県大井町上大井のドラッグストア「セイムス大井町店」で、閉店後に、男性店員(34)が正面出入り口のドアを施錠していたところ、後ろから若い男に羽交い締めにされ、「殺すぞ。金を出せ」と脅された。

 店員が「助けてくれ」と大声を上げると、声を聞いた近所の住民が、自宅の窓から「何やってんだ」と一喝。男は何もとらずに逃走した。店員にけがはなかった。

 松田署が強盗未遂事件として調べている。発表によると、男は身長約1メートル70で、サングラスをかけ、緑色のニット帽をかぶっていた。

 現場はJR御殿場線上大井駅の西側約300メートルにある郊外型大型店が並ぶ一角。

家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ-逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)
民主の議連改革 「超党派」5割 主導権掌握(産経新聞)
「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側-東京地裁(時事通信)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)

明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)

 11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故(01年7月)で、検察官役を務める指定弁護士は20日、県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)・元副署長(63)=退職=を業務上過失致死傷罪で在宅で起訴した。昨年5月施行の改正検察審査会法に基づき強制的に起訴する全国初のケースとなった。

 起訴内容は、同署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を是正しなかったうえ、当日も、歩道橋の状況を把握して通行規制など事故防止策を指示する義務を怠った、としている。今年1月の神戸第2検察審査会の起訴議決を踏襲した内容で、榊被告はこれまで否認している。

 神戸地検は02年12月、書類送検された12人のうち、同署、市、警備会社の各現場責任者ら5人を起訴。事故当日の過失に限定して検討し、元署長(07年7月に病死)と榊被告については「現場の状況把握が困難だった」として容疑不十分で不起訴処分にした。しかし、指定弁護士らは「警備計画作成段階にさかのぼらないと事実関係は理解できない」とする同検審の判断にならい、事故当日だけでなく計画段階の過失も起訴の対象にした。

 また、同罪の公訴時効は5年だが、指定弁護士らは同署元地域官の金沢常夫被告(60)=上告中=を共犯者と認定。刑事訴訟法の共犯の時効規定に基づき、榊被告の時効は停止していると判断した。

 指定弁護士は公判で冒頭陳述や論告・求刑なども行う。公判では、遺族のほか、公訴時効について専門家から意見を聞く方針。【重石岳史】

 ◇指定弁護士3人「やっとここまで来たという感じ」

 指定弁護士3人は20日午前11時半から記者会見。主任の安原浩弁護士は「やっとここまで来たという感じ。今後の立証も大変だが、身が引き締まる思い」と話した。補充捜査の対象については「言えない」と答えるにとどまった。

 また、安原弁護士は、起訴議決をした検察審査会の判断について、「(今回調べてみて)起訴されてしかるべき事案だと確信した」と話した。被害者参加制度については、「被害者と密接に連携をとってサポートしたい」と話し、積極的に活用する方針を示した。

【関連ニュース】
明石歩道橋事故:元副署長を20日に強制起訴
明石歩道橋事故:元副署長、全面可視化を拒否
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
明石歩道橋事故:遺族「補充捜査を」 要望書を提出

遊具広場、囲って安心?孤立?…都立公園(読売新聞)
<エコ卒塔婆>間伐材を利用 広島の寺院、全国から注文(毎日新聞)
伊賀市 20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」-民間調査(時事通信)
郵便不正公判 団体発起人に懲役1年6月求刑(産経新聞)

ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明-環境省(時事通信)

 新潟県の佐渡トキ保護センターで放鳥に向け訓練中だったトキがイタチ科の小動物テンに襲われた問題で、環境省は15日、トキの飼育ケージ内でテン1匹を捕獲したと発表した。トキを襲撃したのと同一個体かどうかは不明という。
 環境省によると、14日午後8時半ごろ、センター職員がケージ内に設置した監視モニターの音声で動物の鳴き声を確認。駆け付けた獣医師が同10時半ごろ、テンを捕獲した。
 捕獲されたテンはオスで体長約60センチ。これまでビデオ映像で確認されたテンや、毛の付着が確認されたテンと同一かどうかは分からないという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
ケージ侵入の映像公開=トキ襲撃のテンか
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄

<坂井市長選>坂本氏が無投票で再選 福井(毎日新聞)
「咸臨丸」航路しのぶ、「海王丸」が出航(読売新聞)
地元記帳台にファンら次々 井上ひさしさん葬儀(産経新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
新党 参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)

母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)

 大阪府寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件で、傷害致死容疑で逮捕された母親の美杏(みき)容疑者(27)が昨年10月、市担当者の家庭訪問の際、顔にあざのあった三女の瑠奈ちゃんには会わせたくないそぶりをみせていたことが10日、関係者への取材で分かった。担当者と事前に訪問日時を調整した際には「四女の件だけですね」と念押ししたことも判明。寝屋川署捜査本部は、虐待を隠そうとした疑いがあるとみている。

 関係者によると、市の子育て支援担当者は昨年10月、岸本容疑者宅を訪問。美杏容疑者は玄関先で応対したが、奥の部屋で泣き出した瑠奈ちゃんを抱いてきた際、担当者はほおのあざに気づいた。美杏容疑者は「漏らしているわ」と、すぐに瑠奈ちゃんを奥に連れて行った。あざについて、「姉がものを投げる」などと説明したという。

 美杏容疑者は「子育てのストレスはない」と話したが、いら立った様子だったという。父親の憲(あきら)容疑者(26)は姿を見せなかった。

 また、美杏容疑者は昨年8月、子供と接触しようとする市に対し、「虐待を疑ってるんか」と電話で抗議してきたという。

阿久根市、やっと元係長に給与220万円振り込み(読売新聞)
富良野塾 26年の歴史に幕 多くの俳優、脚本家を育成(毎日新聞)
前兵庫知事「関空と神戸、合体を」 3空港で独自の提言(産経新聞)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)

<将棋大賞>最優秀棋士賞 羽生名人が3年連続で受賞(毎日新聞)

 第37回将棋大賞(日本将棋連盟制定)の各賞が31日に決まった。最優秀棋士賞は羽生善治名人で3年連続17回目。名人防衛などが評価された。他の賞は次の通り。

 優秀棋士賞=久保利明王将▽敢闘賞=木村一基八段▽新人賞=戸辺誠六段▽最多対局賞=久保(61局)▽最多勝利・勝率1位賞=豊島将之五段(45勝・7割6分3厘)▽連勝賞=阿久津主税七段=13連勝▽最優秀女流棋士賞=里見香奈女流名人▽女流棋士賞=清水市代女流王位▽東京将棋記者会賞=谷川治恵女流四段▽升田幸三賞=飯島栄治六段▽名局賞=久保-佐藤康光九段の棋王戦第5局▽名局賞特別賞=児玉孝一七段-金井恒太四段の順位戦C級2組

【関連ニュース】
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に
将棋:久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利
将棋:久保棋王 羽生王将破り王将奪取 王将戦第6局

首相動静(4月5日)(時事通信)
<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)
<踏切事故>山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路(毎日新聞)
弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)

<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)

 警察庁(4月1日)大阪府警本部長(首席監察官)舟本馨▽首席監察官(長官官房審議官・生活安全局担当)園田一裕

 退職(大阪府警本部長)植松信一

小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)
<足利事件>誤判原因調査機関の設置求める…宮崎日弁連会長(毎日新聞)
<下妻市長選>前副市長の稲葉氏が初当選 茨城(毎日新聞)
「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男-奈良県警(時事通信)
プロフィール

かわくぼかずやさん

Author:かわくぼかずやさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。